学費

学資保険は子供の生命保険と同等?

学資保険とは、生命保険の一種にカウントされる場合もあります。
年末調整の保険欄に学資保険を記入することができるのもそのためです。
では、学資保険と、子供の生命保険の違いはどこにあるのでしょうか。
学資保険に、何を求めるのかによって変わってきます。
学資保険を教育資金にするという明確な目的があるのであれば、貯蓄性や、返礼率の高い商品を、付加価値を付けずに契約すると確実に貯まります。

また、お守り替わりに、学資保険に入りながらも、生命保険の代わりにしたいというのであれば、生命保険にも力を入れている保険を選択するのも一つの方法と言えます。
学資保険に生命保険のような保障をつけて契約することも可能だからです。
一緒になっていると、契約の手間も省けますし、契約数も減るのでシンプルでわかりやすいかも知れません。
しかし、その分保険料が上がり、返礼率も下がるのが一般的です。
生命保険とは、入院した時の医療費の保障や、死亡した時の保障の保険です。
子供が小さいうちだと、保険料も比較的安いかも知れません。
自治体によっては、子供の医療費が無料という期間が長い所もあります。
生命保険に入らなくても、入院などの治療費がかからないという事もありうるのです。

まず、自分の自治体の子供の医療費について調べてみてからでも遅くはありません。
子供の医療費がかかる年齢に合わせて生命保険に加入するという方法もあります。
生命保険も学資保険も加入するとなると、家計の負担も大きくなります。
学資保険の払い込み期間を、医療費無料の時期の内に設定して、学資保険を払い終えてから、生命保険に入るという方法であれば、返戻金が高いまま加入できるはずです。
保険は無理なく長く支払う事が重要なポイントになります。
生命保険と同等の物のように、付加価値を付けて契約するか、別に考えて違う契約をするか選択肢も多数あります。
あらゆる側面から考えて、よりよい方法を選びましょう。