学費

学資保険の掛け金目安

学資保険の掛け金は、大体いくらくらい支払っているものなのでしょうか。
満期の額によって変動してくるものですが、平均的に、月払いで、1万円から1万5千円と言ったところのようです。
満期額としては、200万から300万円程が平均値のようです。
支払方法も、年払いよりは月払いにしている家庭が多いようです。
兄弟もいれば、その2倍、3倍と額が増えますし、家計の負担にならないギリギリのラインが1万円~2万円という額と言えそうです。

また、子供の児童手当を学資保険の保険料に回している方も多いようで、児童手当プラスアルファで、月々支払える額が、この平均の金額ともいえそうです。
児童手当は、現状では、15歳まで出る手当ですので、15歳までに保険料を支払ってしまうプランを考えるのも一つの方法かもしれません。
学資保険のデメリットの一つとして、途中解約すると元本割れする可能性が高い点があげられます。
長期的に支払う保険なので、無理のある支払金額だと、途中で解約する危険性も出てきます。

せっかく学資保険に加入しても、途中解約してしまっては本末転倒です。
絶対に途中解約しないように、平均の金額や、満期の金額に惑わされずに、自分の家計にあった保険を吟味して選択することが最重要と言えそうです。
学資保険の月払いの支払総額を1万円~1万5千円と自分で設定して、二口や、三口に小分けにして保険に加入するという方法もあります。
保険会社を分けて契約すれば、保険会社自体の倒産などという不測の事態のリスク軽減にもなります。
また、祝い金型と、満期一括受け取り型と二口に分ければ、すべてを祝い金型にした場合よりも、返戻金が多少多くなります。

もし、支払が困難になってしまった場合でも、複数口に分けていれば、一口だけ契約を切ってしまっても元本割れが最小限に抑えられるというメリットもあります。
それぞれの家庭の事情に合わせて、契約内容と合わせて、支払方法や、契約方法のバリエーションも考えるとより納得できる保険になるかも知れません。