学費

注目されている学資保険

学資保険を契約するにあたって、一番気になる所は返戻率の高さだと思います。
では、返戻率とは、一体何を指すのでしょうか。
学資保険の返戻率とは、支払った保険料の額と支払われる保険の額をわったもので、100%だと、支払ったものがそのまま返ってくるという意味です。
100%より多いhttp://www.isusinc.com/kangennritugahyakupa.htmlと、戻ってくる金額が多くなり、100%を切ると、支払った額のほうが多いという意味です。
返戻金の高さが売りの商品も多数ありますが、よくよく話を聞いてみると、支払う保険料が、年払いだったり、払い込み期間が短かったりという事があります。
学資保険には、契約者に万が一の事があった場合、それ以後の保険料を支払わなくても、満期の時に契約した金額が振り込まれるという特約があります。
年払いや、払い込み期間を短くすることで、保険会社のリスクが減り、その分返戻率が高くなるという仕組みと言っていいでしょう。

また、生命保険の付加価値をつけたりすると、返戻率が、100%を切ってくる事もあります。
これは、貯蓄部分よりも、保障を手厚くしている為です。
学資保険に、生命保険のような保障を求めるのであれば、返戻率が低くても意味のある保険と言えるでしょう。
また、教育資金を貯める為だけの目的で、定期預金の利息よりも、学資保険の返戻金が多いという理由で選ぶのであれば、払い込み期間を短くしたり、年払いにするなどして、返戻率を上げるのも賢い方法かも知れません。
定期預金は途中でやめても元本割れには決してなりません。
学資保険は、途中で解約してしまうと、元本割れになってしまうので、あくまでも支払える範囲で加入することが絶対条件です。

様々な保険会社が、次々と学資保険を発売しています。
返戻率も大切ですが、保障内容もきちんと吟味することが何よりも重要です。
自分の家庭の事情に合わせて、どういったライフプランなのか、子供の進学のプランはどうなのかを加味して選ぶことが大切と言えそうです。