学費

学資保険に加入している家庭の割合

学資保険って、一体どれくらいの家庭が加入しているのでしょうか。
子供のいる家庭で、学資保険に加入している割合は約6割とも言われています。

保険加入の理由としては、教育資金を貯めるために、強制的に貯蓄できるというメリットが多いようです。
また、返戻率の高い商品に加入すれば、満期の時に、自分が支払った保険料よりも多くの額が返ってくるというメリットも重要視されています。
次に、加入者にもしもの事があった場合に、支払がなくとも、満期に返ってくるという本来の保険としての役割も加入の動機につながっていると言えます。

では、逆に、学資保険に加入していない約4割は、どうでしょうか。
わざわざ学資保険に加入しなくとも、教育資金に困らない家庭には、不要の保険と言えます。
また、学資保険という方法に頼らなくても、自分で計画的に貯蓄できるという場合にもいらない保険です。
学資保険という方法以外に、金融商品を使って返戻金よりも多くのリターンを手にするという場合もあるようです。
また、学資保険という存在そのものを知らなかったり、内容が分からずに加入していない場合もあります。
さらには、家計的に、学資保険に回せる資金が無いという理由で加入していない事も考えられます。

家の次に大きな買い物とも言われるのが保険という商品です。
教育資金という意味合いの大きい学資保険でも、各家庭の家計に見合った無理のない支払条件を選ぶことが必要です。
みんなが入っているから入るという保険ではありません。
教育資金を貯めるには、自分で貯蓄する方法もありますし、金融商品を使って、リスクを伴っても増やすという方法もあります。
また、子供の人数や、進路の選択によっても、資金の必要額が変わってきます。
家計に出来るだけ無理のない範囲で、自分に合った商品を選び、将来の子供の為に有意義に使える学資保険を選ぶことが必要と言えます。
子供のために欠かせない保険だからこそ、学資保険の資料請求をして内容を確認して後悔しない形を作っていきましょう。