学費

学資保険だけでは学費はまかなえない?

学資保険だけで学費をまかなうことって可能でしょうか。
一般的に、大学向けと思われる学資保険ですので、平均的な学資保険の額では、無理と言わざるを得ません。

平均的な学資保険の満期相場は、約200万から250万と言われています。
大学の4年間で掛かる費用の相場は、私立なら約690万円、公立の場合は520万円といわれていますので、平均的な学資保険の保険料だけでは、まかなえないと言えます。
すべて学資保険で用意するためには、支払う保険料を高く設定する必要があります。
保険料の高さに解約する恐れもあり、途中解約すると、貯蓄性というメリットが消滅してしまいます。
また、保険会社も少なからず倒産というリスクもあるので、最悪の事を考えると、学資保険頼みにするには危険が伴います。
大学に入学する際にかかる費用は、私立大学で150万円~200万円程度が相場です。
この部分のみでも、学資保険の平均額とほぼ同額になってしまいます。
学資保険に入っているから学費は大丈夫という考えは、捨てたほうがよさそうです。
大学進学まで考えているのであれば、学資保険と平行して、貯蓄や、他の金融商品を利用して、学費をまかなう準備をしておくことが必要です。

保険の受け取り方にも、祝い金型という受け取り方があります。
これは、各学校の入学時の年齢に合わせて保険料を分割して受け取れるという方法です。
これを利用して、各学校入学時の、入学金や、入学の為の制服などの購入に充てるという使い方もあります。
私立校の場合は、入学金や、寄付金なども含めての学費なので、こちらの為に保険料を利用するという方法も考えてみるのもよさそうです。
学校に通うには、様々な諸経費が、入学の都度発生するものです。
定期的な貯蓄は、純粋な学費に充てて、保険料は、こういった経費用に充てるというように、お金の使い道を考えての保険の利用の仕方も考えてみても良いと言えます。
様々な方法で検討すると更に後悔しない選び方をする事が出来ます。